会員登録/修正
ログイン
仲林工業からメールの返信が来ない、来なくなったときは










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     


 


初めてカバーを検討される方へ

HOME > 初めてカバーを検討される方へ


当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

初めてボディカバーの購入をご検討されるお客さまには、疑問やご不安が多々あるかと存じます。よく耳にするのが、「意外と安くない」「それだけに本当に効果があるのか不安」「カバーを掛けることによるデメリットを聞いたことがある」というものです。
また、「何となく(ボディカバー購入に)踏み出せない」という率直なご意見を頂戴することもございます。
お車を所持される大半の方が利用されるほど、ボディカバーというものが身近なものであるならまだしも、お車所有者の一部の方にご愛顧いただいている以上、初めてボディカバーを検討されるお客さまには、このような疑問やご不安を抱かれても当然のことかと思います。

まず、ボディカバーがどういうものであるのか、イメージをつかんでいただきたく思います。


私たち人間が身につける洋服を選ぶように

お車を保護、フォローするカバーという観点からしますと、それはちょうど、私たち人間が身につける洋服のような感じです。
例えば、直射日光が降り注ぐ真夏。外出して、じかに紫外線が当たっていた肌と、洋服に保護されていた肌では、たった一日で歴然たる違いがうかがえるでしょう。陽射しにさらされひどい日焼けに見舞われた部位は、場合によっては、お薬による手当ても必要になってきます。
これが自動車にも当てはまります。お車も、直射日光にさらされていては、そのボディは痛み続ける一方。また本来、人間のような治癒力もないため、手当てをするにはコーティングや再塗装など、コストのかかる方法しかありません。これを事前に解消するために、お車への洋服、つまりボディカバーが有効になってきます。


季節を問わない、効果的に変化する車の洋服

冬はどうでしょう。
もちろん、車が寒さを感知し、ぶるぶると震えることはありません。しかし、お車を所有したことのある方なら、冷たい朝、車を発進させたくてもフロントガラスに霜や氷が付着して、困られた経験があるかと思います。
このとき、ボディカバーを装着していれば、霜や氷からの影響を直接受けることはありません。防寒具を脱ぐように、氷や霜にまみれたカバーを外して、そのまま快適に運転を始めることができます。

季節に限らず、酸性雨や埃・塵、地域や場所によっては火山灰(山の近くなど)や潮風(海の近くなど)、鉄道の鉄粉、野良猫の足跡からもガードが可能です。

お車を所持されるお客さまの環境は実に様々です。
ボディカバーは、そのお車を、夏では陽射しから守るUVカット加工(かつ、通気性の確保)されたシャツ、冬では霜や氷からの直接的な影響を防ぐ防寒具、また雨が降っても弾く雨ガッパのようなもの(通気性を保つため完全防水ではありませんが、撥水加工は施しています)、埃・塵、火山灰や鉄粉、猫の足跡からも保護する防護服のように変化する、まさに実用的な車のお洋服――そのようなイメージを持っていただければと思います。

しかし、小さすぎたり大きすぎたり、サイズの違う洋服を着ると、何となく不快ではありませんでしょうか? また生地が悪かったり、身体に合っていないと肌荒れの原因になったり、代えって服を着たことによる問題が発生してしまいます。
車も同じです。そのため、仲林工業ボディカバーでは、一車種ごとにそのサイズを細かく調べ上げ、よりボディにフィットするようにカバーを構成。また生地にもこだわり、ボディカバーのための生地を開発いたしました(ボディカバーのための裏起毛生地を初めに開発したのは、創業45年以上の実績を誇る我が社です)。
そして着脱の際の容易さ、手軽さを考慮したアーリー機能や通気性をさらによくするための膨らみ防止の通気筒といったオプションもご用意。国産から外車まで、幅広いボディカバーをご提供いたしております。


コストも削減。節約道具、またエコ商品としても見直されています

価格でお悩みの方へ。
仲林工業ボディカバーの平均的な寿命は、TT-9000(裏起毛)生地で2年半、E-5000生地で2年前後(※)。TT-9000(裏起毛)生地のボディカバー平均単価を37,000円としましても、ひと月約1,230円、E-5000生地の平均単価を15,000円とすると、ひと月625円。
およそ、ひと月この価格で、洗車やワックス、また内装の老朽化を遅らせるなどの時間的・金銭的コストを削減することができます。そのため、最近では、エコ商品としても、ボディカバーは見直されてきています。
また、不況の現在、いまお持ちのお車を長く使用したいとお望みの方には、長い目で見て、ボディカバーは非常に強い味方となり得ます。

かしこく、スマートなカバーのご使用をオススメ致します。

(※)あくまで平均ですので、実際にはこれより長く持つこともあれば、短命であることもあり得ます。
また、2010年の夏の陽射しは凄まじかったようで、従来よりも耐久年数が短くなってしまったようです。


消耗品である、ということ

最後にひとつ、ボディカバーをお使いになるお客さまへ、ご理解いただきたいことがございます。
洋服と同じように、ボディカバーは使い続けるに従って汚れていきます。ですが、お洋服と違い、洗濯機などで丸洗いできない(表面の洗い方などにつきましては、こちらのQ&Aをご覧ください)のが難点です。
ただ、ボディカバーが早く汚れ、劣化したり、ボロボロになってしまったら、その分の影響をお車から保護できたのだとお考えください。先に、カバーの平均寿命について触れましたが、実は、カバーが短命である環境ほど、お車には必須のアイテムなのです。

ボディカバーは消耗品、とお考え頂いたほうがいいかと思います。

ボディカバーの保護に気を遣うあまり、お車への保護が二の次になられるお客さまが、少なからずいらっしゃいます。どうか、お車を最優先にし、お車にかかる負担をすべてボディカバーでガードする、使い切る、というくらいの体勢で、
ぜひとも快適なカーライフをお送りいただけますよう、切に望んでおります。




▲ページトップへ

HOME > 初めてカバーを検討される方へ