会員登録/修正
ログイン
仲林工業から振込口座案内やメール返信が来ない・来なくなったときは

「G20サミット」による商品のお届けの前後について

大阪市内で開催される「G20サミット」に伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、6月27日(木)から7月2日(火)頃まで、関西地域がお届け先となる場合、お届けに早まりや遅れが生じる可能性があります。対象地域等の詳細はこちらをご確認ください。なお、交通規制の状況等の影響によっては対象地域外でも早まりや遅れが生じる可能性があるようです。
弊社としましては全般的に製作を優先、集中作業し、お客さまからの到着日時指定があれば、その指定のまま早めにヤマト運輸さまへ引き渡し、可能な限り通常納期・ご希望の納期を心がけますが、商品のお届けが前後する(早めに届いたり、遅れたり等)可能性があることを、あらかじめご了承ください。










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    


 


環境によって選べる留め具

HOME仲林工業ボディカバーの概要環境によって選べる留め具 > 腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工


腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工

すそ紐絞り加工」と「腹下通しの2.8メートル留め具」が両方装備された、機能性・利便性バツグンの仕様です。弊社の中でもっともグレードの高い留め具になります。

常に両方利用するのではなく、風の吹かない日はすそ紐絞り加工だけで留めておいたり、どうしてもカバーが外れるのを防ぎたい悪天候では腹下通しの2.8メートル留め具も利用したりと、その時々の環境・状況によって使い分けることが可能です。
どんな環境下であっても適応可能な留め具とも言えますので、特に屋外保管で迷われた方は、この留め具にされることをオススメ致します。

さまざまな環境下でカバーの効果を充分に発揮!
ひいては、ユーザーの精神面をもサポートします


留め具がしっかりとしていなければ、風にあおられてめくれあがったり飛んでいってしまったり、せっかくのボディカバーの効果も半減してしまいます。それどころか、外れたカバーが駐車場の隣の車にかぶさり、バタバタと打ち付けるようにはためいて傷を負わせてしまった、立体駐車場の機械部分に絡まらせてしまった、と思わぬ迷惑をかけてしまうこともあります。
留め具が充実していればしているほど、それらカバー使用上の問題が解消されていき、安心してボディカバーを使いつづけることが可能です。

車高ダウンしている場合にも融通が利きます(理由はこちら)。
また、盗難や車上荒らしなど、お車を狙った悪質な犯人にとって優れた留め具はカバーを外すのに時間や手間がかかり、それだけそのお車は対象(ターゲット)になりにくく、被害の防止にも役立ちます。
結果、精神面でもひと役買うのです。


留め具の使い方

すそ紐絞り加工」と「腹下通しの2.8メートル留め具」、詳細につきましてはそれぞれのページをご確認ください。ここでは、「すそ紐絞り加工」と「腹下通しの2.8メートル留め具」の実際の使い方について、3代目のマツダ アテンザワゴンを例にして写真を豊富に掲載していきます。





まずは、車両にカバーを装着します(カバーの簡単な装着方法はこちらを参照ください)。





カバーをそのまま掛けただけの状態です。

まずは「すそ紐絞り加工」を絞ってから


まずはすそ紐絞り加工の紐を絞ることが前提です(絞り方につきましてはこちらを参照ください)。





カバーのすそがボディ下部へ入り込み、しっかりと留まっています。風のない日であれば、屋外保管でもこれで充分、カバーの効果を発揮する状態です。
風の強い日や台風時でもどうしてもカバーをかけておきたいとき、また、サイドのばたつきを抑えたい、フィット感を増してボディを包み込みたいときは、ここから「腹下通しの2.8メートル留め具」を装着します。

「腹下通しの2.8メートル留め具」は、追加の感覚で!


カバー本体のサイド部分には、「腹下通しの2.8メートル留め具」ページでも紹介しております通り、メス型部品が縫い付けられています。プラスチックのメス型部品の拡大写真を下に掲載します。



腹下通しの2.8メートル留め具」を装着してみます。





カバーのすそ全周が包み込むようにボディ下部に入り込んだうえ、サイドもしっかりボディに添うようにして抑え込まれています。この状態であれば、少々の風であってもカバーがめくれあがったり、外れたりする心配がないことがわかっていただけるかと思います。

すそ紐絞り加工」の紐を絞らずに、「腹下通しの2.8メートル留め具」だけを装着することはおやめください。サイドは抑えられても、カバーのすそ全周はスカートのように垂れたままですので、風によってあおられ、ボディに傷をつける危険性があります。

腹下通しの2.8メートルの付ける位置を変更、追加できませんか? ──オススメできません(詳しくはこちら)



ベストな使い方は?

腹下通しの2.8メートル留め具」は、お車の腹の下を通さなければならないことから、装着に手間がかかります。カバーの着脱時に、毎回この作業を繰り返すのは面倒です。そこで、特に風が強くない日は「すそ紐絞り加工」だけをメインに使用します。

いつもいつも「すそ紐絞り加工」と「腹下通しの2.8メートル留め具」の両方を使用する必要はありません。お客さまのカバーご使用時の環境と相談しながらお使いくださいますようお願い致します。


腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工 はこんな方にオススメ

●少し手間はかかっても、留め具を確実強力に、有効に使用したい方(弊社の留め方の中では、もっとも強力で確実な留め具です)。

●青空駐車場など、車の保管場所が風に煽られやすい環境である方。これまでに使用したボディカバーが、風で飛んで完全にめくれてしまった(遠くまで飛んでいってしまった)ことのある方。そのような心配のある方。

●ボディカバーが飛んでいくことによる紛失や、駐車・保管場所が自宅から離れていて、カバーの盗難を極力防ぎたい方。

●ボディカバーの装着の効果を充分に発揮したい方。




▲ページトップへ

HOME仲林工業ボディカバーの概要環境によって選べる留め具 > 腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工