会員登録/修正
ログイン
仲林工業からメールの返信が来ない、来なくなったときは










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     


 


値引き交渉される方へ

HOME > 値引き交渉される方へ


値引き交渉されるお客さまは、弊社には一切関わらず、他社さまをお探しください。


弊社で定めております条件以外で、お客さまから交渉されましても、弊社では一切、値引きはさせていただきません。以下にその理由を記します。

値引きを行うことでリスクを伴うためです。
2度目だから○○円値引き、3度目だから○○円値引き、と値引きをつづけていくと、最終的にどうなるでしょうか。どんどんと赤字での販売へ近づきます。
こう言うと、「赤字で売れとは言っていない、少しだけ負けろと言っている」と返す方がおられるのですが、そもそもその時点で、話がちがうのです。弊社が設定している価格が、なぜその価格であるのか理解されておりません。

別の方向から、お話します。では少額のお値引きをさせていただいたとしましょう。すると、こちらのお客さまには値下げをしたのに、こちらの5台購入されたお客さまは何も言わずに弊社規定の金額を支払われているとします。
おかしくないでしょうか? 5台購入されたお客さまは知らないのだから、ということではありません。販売側としての気持ちもあります。さらに言わせていただきますと、話し合ったことで両者に生産的な何かが発生し、それによって結果的に値引き等のサービスに至ることはあり得ますが、ただ単に値引きを求める、「言った者勝ち」「ごねた者勝ち」は、代表である私:仲川が個人的にも好きではありません。

弊社の提示する価格にご納得くださっているお客さまがその価格のまま購入されている裏で、納得されないお客さまに言われたからといって値引きを行う。
申し訳ございませんが、できません。
本来ならば、最初からご理解・ご納得くださっているお客さまにこそ、こちらから何かお得になるような条件やサービスをご案内させていただきたくなるのが人情です。

弊社のお客さまの半数以上がリピーターさまです。


弊社にて定めた価格に納得いただけない方には、製品にその価格に見合った価値を実感いただけていないものと認識します。
執拗な値引き交渉に関しては、スタッフも対応しきれず、代表である私につないでお応えするに至りますが、そのたびに作業の手や動作中の機械を中断させ、結果的にオーダーくださっております他のお客さまへの納期に遅れが出ます。
(製造業では生産するうえで流れがあり、それを1回でも中断させることは集中力も邪魔されその日の生産数におおきな影響が出ます)。

交渉が叶う叶わない以前に、値引きを問いかけた時点で弊社にコストがかかっており、他のお客さまへのご迷惑、強いては将来的な値上げ等のきっかけにつながることをご自覚ください。

お願いですので、価格にご納得いただけない場合は弊社には一切関わらず、他社さまをお当たりください。せめて時間を奪わないでください。



ご理解のうえ、弊社サイトをご利用くださっているお客さまへ


お見苦しいページを失礼致しました。上記の文面は、サイトに掲載しようかしまいか以前より悩みつづけてきたものです。
年々注文数が多くなるなか、ありがたいことに作業場もいっぱいいっぱいで追われる日々があり、そんな時でも一部の方による「値引き交渉」によって作業の手を中断させられ、時間とコストを奪われてしまっておりました。
価格含め、弊社製品をご理解のうえ利用くださっているお客さまへは、不快なページになっていると自戒しております。が、少しでもスムーズな作業が叶うならと、掲載させていただくに至りました。申し訳ございません。

弊社製品の価格につきましては、2013年の春にいちど全般的な改定をさせていただき、ほとんどの商品が値上がりとなりました(詳細はこちら)。
いま現在でも生地の値上がり、運送費の高騰、部品関連の値上がり等あるものの、それ以降はほんの一部(約2000車種中3車種)を除き、商品の値上げもせずにやっております。
消費税が8%へ増税になった際も、価格を維持(詳細はこちら)。ボディカバーの送料、代引き手数料もいまなお弊社負担です。
実質的には、年々値下げを繰り返している状況です。

正直に申しますと、1商品に対しての黒(儲け)の部分は現在とても少なく、厳しい状況です。
それでも価格を上げずに努めておりますのは、やはり愛車のために弊社製品をご利用くださるお客さまがいるからこそです。
わがままなお願いとなりますが、お見苦しいこのページを掲載するに至った経緯、心情をご理解いただけましたら幸いです。





HOME > 値引き交渉される方へ